スペイド 値引き

スペイド値引きのための一歩。

新車を安く買う方法

私は、何度か車を新車で買い直していますが、かなり安くお得に買えたことがあります。
某メーカーのショールームへ行ったとき、まずは新車がほんとは欲しいんだけど、中古を探していると伝えます。
新車には手が届かないので、中古を探しているのでいいものはないかと、見積もりをだしてもらいます。
もちろん、私は中古車なんて買うつもりはありません。
新車を安く買うために値引き作戦です。
店員さんは、まずは中古の見積もりをだしてきます。
そこで、店員さんは、必ず新車を買わせるために、中古も新車とさほど金額的に変わらない見積もりを持ってきます。
そこで、店員さんは、私に、ほおら、新車も中古もそんなに値段が変わらないなら、せっかくだし新車にしたらどうかと言ってきます。
うーんと唸って、その日は、一旦自宅に帰ります。
そのときに、お店の方に、名刺を頂いておいてください。
車を買う気があるという、意思表示みたいなものです。
そこで、気の利いた店員さんは、住所とかよろしければ書いてくださいと差し出して来ます。
必ずかかってきてもいい電話番号を書いてください。
そして、そのメーカーさんから、電話がきたら、必ず受けてください。
そして、近いうちにまたお店に伺いますと、伝えてあげてください。
そして、また違うメーカーさんの、似たような車種の見積もりを同じような手口で、とってきます。

2件くらいあるといいとおもいます。
最初のメーカーさんの店員さんのところに二回目の来店をします。
そのときに、自分が購入したい車と、他者のメーカーの似たような車種と見積もりをだして比較しているところだと伝えます。
すると、店員さんは、中古を新車で買ってくれるかもしれないと、思ったら、新車を他店で買われてしまうと、焦りだします。
そこでいきなり、値引きしてくる店員さんもいますが、少々お待ちくださいと言って、そこで店長がでてきて値引き交渉が始まります。
私はこのとき、貯金通帳まで持って行きました。
これだけしかないから、現金一括で支払いをするので、なんとかしてくれと交渉するためです。
もちろん、その通帳の預金は前持って金額を調整する必要があります。
お金であまり安くならないのなら、サービスはどのくらいしてくれるのかとか、細かく追求します。
他店は、車のコーティング無料とか、タイヤホイルをスポーツタイプにしてくれるとか、ナビ付きとか、いろんな特典を提示してきたと店員さんに伝えます。
すると、こっちも新車を買ってもらえるならと、いろんなサービスを、頑張って考えてくれます。
もちろん、値引きをしてもらって、さらにサービスまで追求するわけなのですが、この時点で、車を中古で買う客のはずが、うちで新車を買ってくれるかもと、店員さんは浮き足立っています。
そしてまた、しっかりと結論を出さずに帰宅します。
必ずお店に行く回数が、2回3回で契約はしないでください。
値引きしてもらえるものも、してもらえなくなります。
店員さんは、いまはキャンペーンだとかなんとかで、安くなっていて、チャンスですとかいってきます。

二週間くらい時間を開けてからまた、お店にいき、お話をしてみてください。
どんどん値引きしてくれます。
これからのやり方をマスターすると、新車の値段から20万から30万お安く買えることができます。
ただし、女性の方が一人で交渉に行くと足元をみられるので男性と一緒に行った方がいいとおもいます。

 

 

スペイド、非常に満足しています

シルバーのスペイド(グレードG)を、2014年1月に購入しました。
購入する前は、2004年末に買ったヴィッツ(後期型)に乗っていました。
当時はまだ結婚前で、子供もおらず、さほど頻繁に遠出もしないことから、ヴィッツで十分でした。
しかし子供が大きくなりだいぶ手狭に感じていた矢先に、2014年の消費税率がアップすることになりました。
よって、思い切って購入しました。

 

乗ってみた感想は、ひとことでいうと「室内が広い!」それに尽きます。
ヴィッツと比べると、実際には全幅の差は3センチ程度しか変わらないにもかかわらず、非常に広く感じます。
またシフトレバーがハンドルの横にあるインパネシフトなので、床の出っ張りがありません。
それらが拍車をかけてさらに広く感じます。
またシートアレンジが多彩で、室内を様々な形式に変化させることができるのも助かります。
インテリア全体が角ばった雰囲気で、整理された部屋を連想させます。

 

外見は若干ボテッとしているように見えたので、走りは期待していませんでした。
しかし実際に走ってみると、さほどモタついたようなこともなく、すっと走ります。
タイトなカーブもしっかり踏ん張り、あやふやな感じはしません。
ロードノイズも気にならない程度です。
走りで唯一気になるところは、アクセルを踏み込んだ時の、この車に独特な「キュイーン」というエンジン音です。
人によるでしょうが、私は特に気になりません。
私の住んでいるところは山の麓の住宅街であり、移動には山をこすことが多くあります。
しかしその移動中、エンジンの非力さについて問題に感じたことはありません。
また高速道路での走行も安定しています。
最近も車で片道6時間程度の家族旅行をしましたのですが、道中不安に感じることもありませんでした。
乗り心地は腰の位置が高いので椅子に座っているようで、正しく座っていれば長時間のドライブも苦ではありません。

 

主な用途としては、家族での買い物、家内の実家やパート先への移動です。
後ろのトランクは4人家族の買い物程度では全く不自由しないくらいに広いです。
まれに家内の祖父母を病院へ送迎します。
その際は助手席のシートをたたみ、そのまま一番前へスライドさせます。
すると助手席側から後部座席がかなり広くなり、足腰の弱い年寄りでも乗りやすく非常に便利です。
おかげで降車時も病院前に停車し、スムーズな降車が可能です。

 

オプション品は、カーナビとETCをつけました。
これらは特に際立った特徴はなく普通でした。
強いて言えばカーナビのBluetooth機能が非常に高性能で、あっという間にペアリングが完了したのが驚きでした。
純正のスピーカーは非常に音が悪く、音楽好きの方には交換することをおすすめします。

 

1月に購入し早半年以上が経ちましたが、スピーカー以外の不満はこれといってなく、家内共々、買ってよかったねと言っています。
正直、結婚当初から私達家族を運び続けてきたヴィッツを手放すことは寂しかったです。
納車の日にディーラーへ行き、引き上げる際の夕日に照らされたヴィッツは寂しそうに見えました。
しかしその寂しさを十分忘れさせてくれる、良い車だと思います。